Menu

faxdmは自分でやった方が安いこともあります

faxdmとはFAXで営業チラシを送る広告手法です。原稿作成が比較的容易で、1件あたり送信単価が安いのです。そのため費用対効果が高く、手軽に利用することが可能です。Faxdmのメリットとして、開封率が100%で必ず読んでもらえます。メールだと迷惑メール対策で自動的に除去されてしまう場合もあり、読まれる確率が低く、また、タイトルだけを読んだのち捨てられる場合も多くあります。しかし、FAX配信なら届いた時点で原稿の中身が開いているので、中身を読まれず捨てられる心配がありません。さらにメールの場合は、次々届くメールに埋もれてしまって数時間数日前に届いたメールは開かないまま忘れられてしまうことも多々あります。faxdmならDMと同様に紙で残るために気になる情報は保存でき、配信してから数日後にお問合せや資料請求が来ることもあるのです。

faxdmが安いコンサルティングサービスを探そう

faxdmを代行している会社は、探してみると意外とたくさんあります。その中でいかにコストが安いコンサルティング会社を探すか、クレームが発生した際、そのクレームに対しても代行してくれる会社をいかに見つけるかがポイントとなってきます。そして、一番重要な点は、faxdmを送信した後の反応率とその反応率をアップさせるための原稿の作り方です。魅力的なfaxdm原稿の作り方のポイントは、キャッチコピー、リード文、本文、返信欄の要素が必要となります。また、デザイン性やレイアウトも重要です。どのような商材をどのような切り口で送信先にアプローチするかを考え、タイトルやリード文、本文や返信欄といった内容が決定します。そんな魅力的なfaxdmの原稿の作り方も、選ぶコンサルティング会社によってはサポートしてくれたりしますので、コスト面も気にしつつ、そういったフォローの部分でもしっかり見て決めていくことが重要です。

一番安いのは自分でfaxdmをすることです

今はインターネットでfaxdmと検索すると、低コストで代行してくれる会社はたくさんあります。しかし、一番コストが安いのは自分でfaxdmを行うことです。原稿の定型はインターネットにあり、それを活用して作成、原稿ができたら自分で作成したリストに沿ってFAXを送信するという作業に入ります。しかし、一番大変なのはFAXを流した後のクレーム処理です。クレームが極力回避できる裏技は、原稿を作る際に、次のような文を入れておくことです。例えば「FAX用紙、トナーの無断借用をお許し下さい。」「最後まで読んで頂き、ありがとうございます。」などです。そうすることで、相手にFAX用紙やインクを借用しているという気遣いが垣間見られるので、配慮が感じられます。もう一つは連絡先を電話番号ではなくメールアドレスにすることです。そうすることで、電話で苦情を聞くことがないので恐怖に怯えることはありません。