Menu

faxdm代行が安い理由を考える

faxdmとは、faxを使ったお知らせや広告宣伝のダイレクトメールのことです。DMには、はがきや圧着、封筒などさまざまな形がありますが、それらと比較して色々なメリットがあります。まず、圧着や封筒の場合は開封してもらうというひと手間が必要です。そのため、受け取った顧客が中身を開けて見たくなるような工夫をしなければなりません。また、インターネットを利用したEメールのDMは、中身を見ずに捨てられてしまう可能性が高くなってしまうので、件名に工夫が必要です。それに対して、faxdmはA4の大きさの紙1枚に印刷された状態で届きますので、いわば開封された状態で広告ができるということになります。そしてさらに、郵送のDMと比べて費用が安いというのも、広告したい側にとっては魅力であると言えます。

コストが安い以外にも魅力があるfaxdm

郵送のDMの場合は、チラシのデザイン料や印刷費用、郵送費用などを合わせると1通あたり100円を超えてしまうのが一般的です。それに対して、faxdmは自分で文書を作成することができ、送信費用も郵送よりも安い点が魅力です。最近は、faxdmを請け負っている業者に依頼すれば、1通当たり5円の単価で送ることができますので、郵送のDMと比べて大幅にコストカットすることができます。コストを抑えられるだけでなく、faxdmの場合は印刷や郵送を行う必要が無いため、企画してから送信までの時間が短縮できます。ただし、代行業者に依頼する場合は依頼してから送信までに少しタイムラグがあります。また郵送の場合よりも顧客からの反応が早く見られるため、顧客の反応によって文面や内容の変更が行いやすいです。

faxdm業者を選ぶ時のポイント

faxdm業者を選ぶのに、なるべく費用の安いところにしたいというのが本音ですが、安いだけではなく、安心な業者であることも視野に入れなければなりません。安いことを謳っている業者をまとめて一覧表にしたものを見てみると、5000枚送信した時に単価が安いところと高いところで2倍ほど違いがあります。安いということを前面に出している業者の場合、よく条件を見てみると200万件以上に送信した時などの場合に単価が安くなっていたり、送信料以外にもデータ設定料などが別途必要となっていたりすることが多いです。そのため、複数の業者に見積もりを出してもらい検討する必要がありますが、平均値を採れば、5000枚送信した時で4万円から5万円くらいになることを知っておくと、業者選びをする時の参考になるでしょう。