Menu

安いfaxdmの代行方法をご紹介

取引のある、各会社では担当者同士のメールでのやり取りは、すっかり当たり前になりましたが、企業間の商品紹介はテレビCMに流れることは、ほとんどありません。営業の方が、会社を廻り、商品を紹介していく、大手の発表会などで製品を発表するなど、直接見て話すことが多いと思います。そんな中、とりあえず商品を、より多くの方に知ってほしいが、手紙を送るのではコストがかかりすぎる。そのような場合faxを利用して宣伝をすることができます。もちろん自社が責任を持って丁寧に送信する方法もありますが、より効率的に宣伝したい場合、電話番号やfax番号、その管理システムを持っているfaxdmを取り扱うコンサルティングに依頼することで、安い料金で効率的に宣伝が出来る様になります。この代行方法は、コンサルティングが持っている情報の中から、地域が業種など適した相手先へ送ります。

効率も良く、法律にも触れない、faxdmを利用し安い価格で宣伝する

faxdm代行が安いコンサルティングの価格は、基本料金を取らない、1件いくらと値段を設定している、1時間に何件に送信できるのかなど、さまざまな基準がありますが、追加料金がかかるものに関しては、最初に思っていた金額よりも高くなってしまったという事もありますので、注意が必要です。ただ自社で一件ごとにfaxをして、送信履歴を管理するよりもインターネットなどで一括管理をしているコンサルティングを選ぶことで、確実に楽に送信、管理をすることができます。またコンサルティングは、ノウハウの中に、法律に触れないようにするという点も含まれています。Faxからの広告を迷惑と感じている相手先に対しては送信しないことが大切です。また相手が望んでいないのに、宣伝をしないようにと規制を定めた法律も施行されました。このような点を踏まえたコンサルティングでなければ、自社の評判を落とす結果も招きかねないので注意が必要です。

faxdmの安い点はメリットだが、デメリットもある

faxdmは、faxを使って、安い価格で早く、広告を送ることができるメリットがありますが、受け手にとっては迷惑行為となることもあります。またfaxを受け取った相手が、興味を持ってくれる確率は1%以下とも言われています。そして不快に思う方は1%以上いると言われています。このクレームはfaxを拒否しているのにも関わらず、個人宅や個人経営の会社に送信してしまったという理由があります。また深夜に送信してしまい、誰もいないオフィスではなく自宅と事務所が同じというお宅だったため、夜中の電話同様、非常に驚かれたという例もあります。またA4サイズの白黒faxでは、伝えられる情報にも限界があり、伝わりきらないため、ホームページやダイレクトメールを送ることになり、結局手間がかかるというデメリットもあります。この辺りも天秤にかけ、より効率的なアプローチができれば成果となります。