ノギスの校正をする場合に重要となる周期

測定機器を使用するために必要な精度の確認

製品を製造するうえで必要になることがある作業が校正です。精密機械を製造している工場などでは特に、測定機器の精度が完成品の品質に大きな影響を与える場合があります。検査を毎回正確におこなうことを心がければ、質の高い製品が作りやすくなるのがメリットです。精密な製品を製造する場合には、完成前の製品を頻繁に測定しなければいけないこともありますが、誤差を生じさせずに測るためには、測定のための器機も、質の高いものを使用する必要があります。ノギスなども測定のために生産施設で使用されることが多い器具ですが、使用するにあたっては注意すべきことがいくつかあります。特に気を付けなければいけないのは精度で、購入したばかりのものは高い精度を持っていても、時間が経過するごとに精度が変化する場合もあるので、使用する前には必ず確認が必要です。

誤差を発見するために必要な作業

ノギスを測定のために使用する場合には、あらかじめ校正をしておけば、正確な測定がしやすくなります。この際に考慮しなければいけないのが、検査を実施する周期です。長期間測定の精度を確認しないままでいると、正確性が大きく損なわれてしまうようなこともあるため、一定期間ごとに実施するように決めておいた方が、質の高い製品作りをするためには最適です。どれくらいの間隔で精度の確認をした方が良いかは、検査をする器機によっても違っています。頻繁に測定のために使っているような器機の場合には、通常よりも短い間隔で精度を確認しておいた方が、測定結果に微妙な誤差が生じるようになっても、すぐに改善しやすくなります。

定期的におこなった方が良い作業

ノギスの校正をする場合には、1年や半年など周期を決めて、精度の確認をおこなうのが一般的な方法です。あまり使用していないものならば、1年間精度を確認しなくても精度に変化がない場合もありますが、使用する回数が高いものの場合には、1年ごとの検査では不適当なことがあります。使い機会が多い器機の場合には3カ月に1回ほどの周期で精度の確認をした方が、器機の精度を維持するためには最適なことも多いです。検査をする回数が増えても、その分正確性を維持しやすくなります。定期的に確認をする場合には、前回の検査をいつおこなったか、しっかりと記録しておくことも必要です。ノートやパソコンに確認したときの日付を記録しておけば、この前いつ測定をしたのか忘れてしまった場合でも、簡単に確認できるので便利です。”